違うんですよ

整体とは?整骨との違い【 全く違うものです 】

どうも、るり院長です!!

最近、ブログの執筆のために文献などを読み直す機会が増えています。

知っているつもりになっていたことや、忘れていたことを思い出すためのいい機会になっています👍

そんな中、先日お電話でとあるお問い合わせをいただきました。

「子供の肘が抜けてしまったのですが診てもらえますか?整骨院って診れるんですよね?」

このようなお問い合わせをいただくことが多いので私個人の考えですがご紹介いたします。

先日このようなツイートをさせていただきました。

このツイートの内容は整体になるのですが、このツイートを例に掘り下げていきたいと思います。

整体とは?整骨との違い

整体とは?整骨との違い
 

違いは患者様がお怪我されているかどうかです。

 

整体とは

整体は中国の漢方、鍼灸と並ぶ中国三大療法のひとつである椎拿(すいな)が始まりと言われていて、中国では現在でも病院で治療として行われています。その他にもカイロプラクティックやオステオパシーなど様々な筋肉や骨格を矯正(整える)する手技療法が組み合わさり日本人向けに改良されたのが整体となります。

整骨とは

整骨と接骨は同じ意味です。

この2つは骨折や脱臼を起こしてしまい、元ある位置からズレて(逸脱)しまった骨や関節を元の位置にもどすことをいい整復といいます。

整体は矯正といいますが整骨では整復といい、矯正と整復の大きな違いは怪我が原因でレントゲン検査で問題があるかどうかの違いだと考えています。

当然前者はレントゲン検査は異常なしとなります。ちなみに、この整復ができるのはお医者さんと柔道整復師となります。

整体と整骨の違いを私のツイートで解説

整体と整骨の違いを私のツイートで解説
 

ポイントは肩が外れているわけではない!

 

肩の位置が悪い

上記のツイートですと、怪我をしたわけではなくレントゲン検査は異常ありません。

原因は猫背や肩の関節のゆるみになります。ですから、肩の位置を悪くしている原因を整えなくてはなりません。

肩が外れたとき(脱臼)と似た位置

骨や関節が元の位置から逸脱していません。この場合できるのは矯正(整える)になります。

仮にもし肩が外れて(脱臼)いたのなら整復(元の位置に戻す)しなくては治ることはありませんし、その後の処置も怠ることはできません。

整復は怪我をした骨や関節を元の位置に戻し骨や周りの組織が治らなくては完治とならないのに対し、

矯正は元々怪我などではなく病院的な検査で異常はないのだけれど痛みがあったり不具合あるときに骨や筋肉などを整えることと考えています。

整体とは?整骨との違い【 全く違うものです 】まとめ

このブログでは、整体と整骨の違いを個人的に解説させていただきました。

両者は言葉こそ非常に似ていますので、ご利用いただくお客様方にはとても分かりにくく、以前より私自身どうにかならないか悩んでいたほどでしたのでこの機会にご紹介させていただきました。

-整体
-

© 2020 RURIBLOG written by ruri inchō